fc2ブログ

OT2回め

少し前に作業療法の日記を書きましたが、その後のOTを受けに行ってきました

このときの日記でも、トングやお箸を変なふうに持ってしまう、ということを書いていましたが
先生に聞いたところ、やはりその都度直してあげるのがよいとのこと

そして スプーンやフォークなどを、上から持っているということを話すと
樹脂のついたスプーンを用意してくださいました

これはスプーンがT字になるようなかんじで 樹脂をつけたものだそうです。
(赤いのが樹脂です)

樹脂は自由樹脂のような、お湯につけると柔らかくなって自由に形を作れるものです。
これを買って持っていけば、ジロ吉に合わせて作ってくださると
先生はおっしゃいました

最初はかなり長めだけど、だんだんと短くしていくそうです。

確かにこれだと、ジロ吉でも正しくスプーンを持つことができました

ただ、この自由樹脂が手に入りにくい・・・
アマゾンでも売り切れ、手芸屋さんでも売り切れ・取り扱いなし。

もしかしたら「おゆまる」(お湯に入れて形づくれる、プラスチック粘土)
でも代用できるかもしれないので、聞いてみたいと思っています。



そして 2回目のOTでは、前よりも少し動きが良くなったような気がしました。

この日記の真ん中あたりに書いてある、おもりを取る遊びも
前回よりスムーズに 何をするか分かっていてやっているように感じましたし

高いマットから飛び降りる、はしごを横にしたものを渡るのも
安定感が出てきました。


先生も、「前回よりも動きがよくなっているし、前より目を見るようになってきましたね。」
と言ってくださいました

とはいえ、階段を交互に登ることもできませんし、スプーンもクレヨンも上から持ちですし
ケンケンなんて全然で・・・まだまだなんですけどね



手先を使った遊びでは、ジロ吉との遊びの日記で紹介した「ビー玉入れ」をやりました。
片手に2つのビー玉を握らせて、そのまま片手で落とす練習です。


この、片手で下のビー玉を滑らせて落とす、というのがポイントらしいのですが

ジロ吉は なかなかこれができません
2つ渡しても左手に1つ持ち替えてやっちゃってます


と いうかんじで、無事OTのお試し2回は終了しました

-----------------------------------------------------------

今回も ジロ吉はとても楽しく過ごしていたのと、
少し成果が出たかなと思ったのもあり(すぐには効果が出なくても頼んだのですが)
主治医に定期的にOTをしてもらえるように頼みました

すると、作業の先生からもそういう申し送りがあったとのことで、
3ヶ月に1度ですが OTを利用できることになりました


それと引き換えというわけではないのですが、
今まで月1でお願いしていた心理個別を 中止することになりました。

申し送りには、私が他にも相談の場をいくつか持っていること、
たくさんの療育をしているので、特にここで取り立ててすることはないと思われる、
ということが書いてありました。


心理士さんは、いつも私の相談や愚痴を聞いてくださって、とても感謝しています。
市の療育センターは、枠があまりなくて、予約も1ヶ月前でもそんなに選べないほどの人気?です。

私は確かに他にも相談できる先生や、これといった療育方法もあるので
もっとどうすればいいのか分からない、困っている人に枠が行ってほしいなと思いました



ただ、ひとつ気になっているのは・・・。

うちは来年度の進路の予定は、今 週3行っている児童デイに平日通うことにしたのですが
ここには園庭がなく、公園にも毎日行ってはいません

けれど 夏はビニールプールでの水遊びを ほとんど毎日やってくださいましたし、
たまに公園も行っているときもありますし、

何よりうちの子は多動で 部屋の中で走り回っているので(リトミックも週1あるそうです)
大丈夫かな?と思っていましたが


主治医にOTの話がてら「粗大運動をたくさんすること」と言われたので
その話をしたところ、難色を示されました

主治医の意見としては、今週2行っている療育センターのほうが
園庭やホール(トランポリンやすべり台もある)で毎日遊べるし、
1日1回散歩もあるし、グラウンドや近所の公園も頻繁に行くので
おすすめするということでした。


悩みます・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ジロ吉との遊び

ジロ吉、もうすぐ3歳半になります。

社会性は0歳7ヶ月なので、この部分を伸ばしていくためには
他の人との関わりが楽しい、と思ってもらうことにより

少しでも自主的に関わってきてくれるようになってほしいのですが
遊びで関わろうと思っても、なかなか持続的に関わるのは難しく

PRTでの先生たちのマネをやってみていますが、
けっこう疲れます・・・

-------------------------------------------------------------

でも、だからといって関わらないでいれば、社会性は伸びない・もしくは
退行してしまいそうな気もするので

ジロ吉の好きな遊びを書きだして、ローテーションすることにしました

 ビー玉入れ
臨床心理相談センターでもあった、手作りの教材です。

ビー玉は、半数分は2つずつ渡して、片手で2つのビー玉を握って入れる訓練をします(作業療法で知りました)。
後の半分は、私の両手に1つずつ持って、「どっち?」と選ばせながら入れます(なるべく指差しを正確に)。

 追いかけっこ

 手遊び・くすぐり遊び
げんこつ山のたぬきさん、一本橋こちょこちょなど

くすぐり続けて、「やめて」と言うまでやめないのですが、たいていは言えないので
「やめてって言うまで、やめないよー」とプロンプトしてます

 動物フィギュアあそび

本人は並べたいようですが、たまに遊びに付き合ってくれます
「アンキロサウルスとキリン、ケンカして」「落として」「ゾウ、なでて」「いちごを食べて」などの指示を出したり

私が持っているのを取ろうとするので、「貸して」と言わせたり(もらったら、ありがとうも)
ジロ吉が持っているのを「貸して」と言って貸してもらったり(できれば「どうぞ」も)しています。

 高い高い・ブランコ・バスに乗って など

もう体重が17キロ以上あると思われるので、すごくズッシリしていて私がつらいのですが
てっとり早く喜んでくれるので、重宝しています

ただ、あまりにも体力を消耗するので 長時間継続はできないという諸刃の剣。


 パペット

うちには2匹のパペット(にわとりとゾウ)がいるので、
2匹にいろいろと食べさせてもらいます

「にんじんちょうだ~い」とか、「ジロ吉のおしり、食べさせて~」など。



にわとりは、特にアクティブに食いついていきます

 タッチ作戦

部屋の4すみに、アンパンマン・ロディ・ゾウ・お母さんを置いて
「お母さんにタッチ」「アンパンマンにアンパンチ」「ゾウをなでなで」などの指示を出します。

「ソファに座って」とか、「椅子に座って」などの指示も取り入れると、
かなり大笑いで取り組んでくれます

自分はソファに座りながらも ジロ吉を疲れさせることのできる遊びです

 お店屋さんごっこ

最近お気に入りなのですが、果物などを机に並べて
「いらっしゃいませ」「みかんください」「100円です」「どうぞ」「ありがとう」「またきてね」
を繰り返してます。

ジロきちはお客さんなのですが、私のセリフも全部オウム返し
なぜか「みかんください」ではなく、「みかんでーす」と言うのが気になりますが
とても楽しそうなので、そのままやってます

 斬り遊び
 
この間 風船の剣をもらったので、家で主人を斬ってみたところ 大ウケしていたので
今では定番の遊びになっています。

とりあえずなんにでも斬りかかり、私と主人以外にも 動物たちを斬りまくっています。
私が剣をとりあげて、ジロ吉が斬られ役になることも。

 かくれんぼ

これは、最近始めました。

1歳半くらいのころは、「あれ?ジロ吉?」と探すフリをすると
私の後ろに隠れて、ワッ!と出てきて 「あ!いた!」と言うと喜んでいましたが
いつの間にかやらなくなっていました。

今は探されても知らんぷりで、探されてる意味がわかってないのかもしれません

 お絵かき

一緒にお絵かきします・・・が、ジロ吉は絵がぜんぜん描けません
なんでもグチャグチャ、ぬりえさえも塗らずにグチャグチャです。

ぬりえの場合、なんでも「アカンベー」といいながら、舌のつもりで線を書いてます。
ウータンやジッタちゃんの絵かき歌を歌いながら、グチャグチャな線を描いています。

--------------------------------------------------------------

それにしても、毎回プロンプトしないとやりとりができません
そのうち できるようになるのでしょうか?

あまり遊びのレパートリーが多くないので、すぐにネタが尽きてしまいます
特に休みで家にいるときとか・・・

おすすめの遊びがあれば、教えてください

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

作業療法受けました・続き

前回の続きです。


体を使った訓練(といっていいのか?)が終わった後は、
区切られているスペースで 手先の作業をすることになりました


先生が取り出したのは、スポンジを細かく切ったものや 
発泡スチロールの衝撃吸収剤などを トングで取って他の容器に移すものでした


この少し前にも、まいたけクラスでの設定あそびの中でやったことがあって
そのときも、20分くらいずっとやっていましたが
このときも かなり楽しそうにやっていました

ただ、すごく緊張しているのか なぜか口を開けながらやっていて、
指先にも すごい力が入っていました



この左手ダラーンですが、これも前から気になっていました。

添え手でお皿を持つ「3点持ち」は、だいたい2歳くらいから見られるようなのですが
ジロ吉は不器用なのもあるけど、手のひら過敏も手伝って遅くなっているみたいです。

ご飯を食べるときも、こんなかんじでダラーンになっていて
お皿が落ちそうになったときだけ、左手でシュパっと皿を落ちないようにガードしてます


トング以外にも、おはしにネジ?のようなものがついたのも使っていました。
これは、エジソン箸よりは簡単にできるものらしいです。

かなり慎重にやっていました。



ひと通りのセラピーが終わったところで、先生が

できれば、もう少し見てあげたい。というようなことをおっしゃってくださいました


とはいっても、主治医のT先生がOKを出してくれないといけないので
次の診察のときに、この報告をしておきますということでした。



もちろん、私からも頼みこむつもりですが どうなるのかな~

それでも、今回のOTだけでも ものすごく勉強になりましたし
ジロ吉も楽しそうでした



さっそく、100均で スポンジと タッパーと 小さいトングを買ってきて
手先訓練の教材を作ってみました


しかし・・・。

なぜか、変な持ち方になってしまいました


こんなかんじで、マジックハンドみたいに取ってしまうのです。
運んでる間も同じ持ち方で 上からスポンジを落として容器に入れます


もう1回 OTが残っているので、どうしたらいいか聞いてみることにします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR