fc2ブログ

OT勉強会・つづき

遅くなりましたが、勉強会のつづきです。


そして、いろんな感覚がバランスよく育つことが大事で
どれかが育ちすぎるのも 困り感が出てしまうみたいです。

たとえば視覚優位だと。
いろんな情報が入りすぎて 気が散りやすかったり 
だいぶ前にも書きましたが、視覚にたよってしまって 他が育ちにくかったり。

ジロ吉の場合は、視覚は少しよくて 感覚と、固有感覚が弱いのかな?と自己診断してみました



そして、「怒らないけど、優しく誘導する」やり方も少し教わりました。

例えば、買い物中に レジに行きたいのに、また売り場へ走っていってしまうときに
「行かないで!」と大きな声で怒ってしまいがちですが

その気持ちを押さえて、優しく「ここで待っててね」と言うなどです


あと、道などでしゃがみこんでしまった場合は
両手を持って「ブルブルブル」などして、こっちを見たときにスっと立たせるといいとか。

ムリヤリ引っ張っていけば、「自分のやりたいことをジャマする人」になるけれど
こうすれば、「自分といっしょに遊んでくれた人」という印象になるということです



ただ、私はなかなか実行できてません

強く言うと、言うことを聞きやすいかんじがするので つい大きな声で指示を出したり
「ダメ!」と言ったりしてしまいます

でも、実はこれって やっぱりよくないみたいです
(ここからは、勉強会で聞いた話ではありませんが)

もちろんよく言われる、怒ることによって「注意をひいている」ことになるというのもそうですが

ジロ吉のように あまり気をひくことに関心のない子でも
ずっとやってると それが当たり前になってしまって、そのうち強く言ったとしても無視するようになったり
余計に目が合いにくくなってしまったり・・・ということもあるようです

確かに 私が怒ったときは、絶対に目を合わせません。
私とイマイチ親子関係ができていないのは、もしかしたら怒りすぎが関係しているのかも・・・



話はそれましたが、OTの先生のお話は いつも園での先生たちの対応そのままでした。

よくジロ吉が、スライムやねんどを嫌がって 席につかないでウロウロしていても
「同じ部屋にいるだけで、いいんですよ~」とおっしゃっていたのも

先生たちが OTや心理、言語の先生たちの勉強会での話を きっちり取り入れてくださってるからなんですね


これは別のところで聞いた話ですが、
ベッドで寝転んでいる人が「運動している人の映像」を見るだけでも
その運動で使う筋肉が 少し発達するんだそうです

イメージトレーニングみたいなかんじでしょうか。

たぶん 「こうやるんだな」って思って見てると、無意識に頭でシミュレーションして
そのときに 筋肉に力を入れてるのかもしれないですね。

といっても、 ジロ吉の場合は まだ見るだけで「どこの筋肉を使っているか」まではわからないっぽいので
まずは固有感覚を 伸ばしていけたらいいなと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

【kaeru 05】たまごんさん>
まさに天に向かってつばを吐く、を実感しています。
最近少し私がイライラしてしまって、叱るときに感情的になっていました。
よく考えたら、そのあたりから他のお子さんを押してしまうようになったのかもしれないです。

アルカリ食品ですね。
海藻類は最近摂っていなかったので、摂るようにしてみますね。
ありがとうございますe-454

【kaeru 02】私は、息子に人は自分の鏡だよと教えます。自分がやさしくしたら、人も優しくしてくれる。(そうでない人もいますが、それは、その人に原因があると言います。)なので、自分がそう言うからには、息子にもそれを見本としてやらなくちゃいけないと思ってます。親になると、色んな事を教える立場になって、それを実践しなきゃいけないんで、大変だけど、それが自分を立て直す(曲がった人間だったので)一番の方法です(笑&汗)

やっぱり、息子の場合は、それが直で出ますね。息子と接するのに、怒ってばっかりだと、それが息子の表現の仕方になってるんで、まるで天につばを吐いて、そのつばが帰って来たような感じです。

アレルギーなんですが、アレルギーは自己免疫疾患の一つですが、免疫が異物を排除しようとするんですよね。免疫力が過剰に働いてるという事なんですが、身体が強い人にアレルギーが起こってるわけじゃなく、身体が比較的弱い人に起こるもんなんですよね。だから、身体が弱いのを異物を排除することで守ろうという理屈なんじゃないかと思うんです。身体が精神力と繋がっている、または、脳のメカニズムと繋がっているならば、アレルギーと同じで、色々なものが受け入れられない状態だと思います。逆に、色々なものを受け入れるという精神力があるなら、アレルギーも脳からの伝達で和らぐように思えます。

薬は、抗とつくものの長期使用は気をつけてください。リバウンドが激しい場合があって、薬をやめる時が大変になります。

アルカリ食品(梅干とか海藻類)を多く摂ることで、胃腸が掃除されるのと同時に、アレルギーの症状が出やすくなる酸性の身体の状態が改善されます。白砂糖の摂取が、身体を酸性に傾けます。ほどほどに・・・

Re: タイトルなし

【kaeru 05】たまごんさん>
ありがとうございます。
やはり優しくしとかないと、悪化するんですね~e-330
ABAの先生や療育の先生方が、なぜあんなにも優しいのかと思っていましたが
笑顔も大切なんだなと感じました。

アレルギーは、すでにジロ吉は慢性的な蕁麻疹の気が出てしまい
しばらく薬を飲んでいる状態です。
私も蕁麻疹が出やすく、ふたりともすぐにお腹がゆるくなってしまうので
ネガティブ体質なのかもしれませんe-263

ポジティブに考えること、できるようになりたいです!
せめてジロ吉だけでも、そうなってほしいので・・・なるべく怒鳴らないように気をつけますe-454

【kaeru 02】凄く、ジロ吉君の観察をされてて、感心しました。
自閉症の子は、感情をうまく表現できない事で、強く叱られても反応が普通に出来てないんで、親としては、困惑しますね。でも、普通の子よりも、かなりショックが大きいんじゃないかなと思います。普通の人も、あまり恐怖感が大きすぎると、感情が麻痺する事がありますね。あれに近いんじゃないかと思うんです。段々とそれが緩んできた時に、やっと怖いという表現が出来るような感じですね。
やっぱり、自閉症の子と行動を共にするって忍耐です。いつも、優しく対応しないと事態が悪化するばっかりなんで。私は、かなり苦痛だったんですが、今は以前に比べると忍耐強くなりました~

イメージトレーニングは、大切だと思います。単にポジティブとネガティブに考える事だけでも、ストレスが軽減できて、それによって癌の発症率が違ってくるというのを聞いたことがあります。
アレルギーなんかも、思考のメカニズムとかなり関わってるように思うんですよね。
無意識の領域で考えている事って自閉症の場合、よくあると思います。
親は、教えられる事が限られてるけど、できるだけポジティブな考えるメカニズムを埋め込んで行きたいですね。
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR