fc2ブログ

私の発達障害・診察結果1

先月行った知能検査の結果が出ました。
↑のリンクの続きはこちら ・ 続き2はこちら


結果から言いますと、動作性IQ・言語性IQの数値の差は、3ほどで
特に差がある、というものではありませんでした。



ここからは、心理検査の結果報告書から
抜粋してあります。
--------------------------------------

(検査態度)
・ADHD診断のため受診。
 元々、片付けや掃除ができなかったが、
 子どもが産まれたことを機に このままでは困ると思ったとのこと。

 自分だけでも片付かないのに、
 自閉症の子どもも部屋を散らかすので
 片付けたくてもうまくできないこと、
 やらなければならないことがあるのに、
 後回しにしてしまうことなどを冗長に語っていた。

 検査には真剣に取り組むが、笑いながら回答したり
 「緊張してお腹が痛い」とトイレに2回駆け込む様子が見られた。

--------------------------------------------

これを見て、すごくびっくりしました。

たった2時間ほどで、しかも最初に話をしたのは15分くらいだったのに
なんという観察力・・・!!

私自身「冗長」という言葉が こんなに当てはまる人間は
めったにいないのではないかと思っています

[冗長]
[名・形動]文章・話などが、むだが多くて長いこと。また、そのさま。
「話が―に流れる」「―な論文」

す、すごい・・・。心理士さん・・・
たった2字で、ものすごい的を射ている・・・

それはこの日記にも 表れてしまってると思いますが

いろいろと話したり、書いたりしているうちに
あれも、これもと 言いたいことが浮かんできて、
全部詰め込もうとしてしまうんです

自分の中では、全てが必要な情報で
相手に真に理解してもらうには、これも言っておかなければと
結局相手がムダだと思うようなことばかり話してしまうんですよね。

私と話した人や、この日記を読んでいるみなさんが
常々思っていたことだったのかもしれませんが

今まで こういうふうに客観的に評価してもらう機会がなかったので
改めて気づきました。

いや、本当は 過去に言ってくれた人もいたのでしょうけど
(話が長いよ!とか)
私の耳はスルーしてしまってたんでしょうね・・・

馬の耳に念仏です。



あと、普通の人は 笑いながら回答しないのですね。
そういえばそうですよね

笑うほうが印象がいいのかと思い、ヘラヘラしていたようです。
言われてみれば 小さいときからヘラヘラしてると言われていました。

緊張感で小さなパニックになってしまうんだな・・・と、
最近になって ジロ吉のことを調べているうちに分かってきました。


そしてトイレも やはり評価に入っていました


全てを見透かされているような・・・。
それでいて、小さいころから いつも、ずっと言われていたことを
もう1度気付かせてくれたような気持ちです。


毎回 長くてすみませんが、続きます。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR