fc2ブログ

私の発達障害・診察結果3

前回の日記でも書いたように、心理士さんの見解では


◯能力のバラつきがあるので 発達障害傾向があると思うけど
 「典型的な発達障害を示す結果である」とは言いがたい。

◯しかし、知的な部分でカバーしている可能性もある。

◯日常生活の中や、実際の人間関係の中でも、
 検査で出た能力を発揮できているのかの検討が必要。

ということでした



この知能検査の結果を元に 障害なのかどうかの
最終的な医師の診察がありました

どんなことを聞かれるのかな~?とかなりドキドキ・・・

「あなたは、広汎性発達障害です」とか言われるのかな?
とか、いろいろと考えていましたが


中に入ると、特に診断名については先生は触れることなく
ざっと数値の平均を告知してくだいました。
他にも、家族のこととか 私の幼少期のことなども聞かれました。

そして最後、先生との会話です。

------------------------------------------------

先生 「二つのことを同時にやるのとか、苦手でしょ」


私  「なぜ そのことが分かるのですか?」


先生 「例えば、ラジオを聞きながら勉強をするとか・・・」

私  「その通りです!」わかってもらってる!!

先生 「たぶん、片付けができないのも たくさんの情報が目に入ってきて
    頭の中で何からしたらいいのか、わからないからだよね?」

私  「そうです、そうです!
    そして物理的に片付けをするのがムリなとき(旅行とか夢の中で)に思い出して 
    あれこれ片付けをシミュレーションするのですが
    その後、ドっと疲れが出てしまうんです」

先生 「なるほどね」

私  「あと、テレビだけを見ているつもりなのに
    途中で意識がなくなっていて、話を聞いていなかったり
    小説のような本も、どこを今読んでいるのか わからなくなるんです」

先生 「え?そうなの? それは・・・どういう状況なの?」←2度聞かれた

私  「なぜかボーっとしていて、画面を見ているのに聞き逃していたり
    本だと ただ文字を追っているだけで、意味が頭に入ってないんです」

先生 「なるほど」

私  「あとですね、・・・」

先生 「じゃあ、薬 出しとくね。
    これは、頭の中でいろいろ考えてしまうのを抑えるから。
    少ない量から始めていきましょう」

私  「あ、はい」

---------------------------------------------


さすが 先生です。

私の話が長くなりそうなのを、うまく止めてくださいました

きっと 私のように 話すと止まらなくなる患者さんを
たくさん診てこられたのでしょう。

今では、何回かこの病院に通っていますが
先生の診察はいつも早く、待ち合いもほとんど待つことがありません

障害の告知はされませんでしたが、
通知表や聞き取りのこともあり、間違いないようです。


・・・ということで、ストラテラという薬を飲むことになりました

また薬のことについては、後ほど書きます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

【kaeru 05】たまごんさん>
いえいえ、説教とは全く思っていません。
ただ、自分のこととなるとあまり時間もお金も割けなくて、
安易な方に(これで言うと薬)流されてしまいそうで、せっかくアドバイスしていただいているのに
もうしわけないなと思っています。

EFT、おもしろそうですね。
スカイプを使えるなら、私でもできるかも?
少しネットで詳しく検索してみたいと思いました。

【kaeru 02】コメントお待ちしてましたと書いて頂いて、ホッとしました。自分で、もしかして、説教みたいになってるんじゃないかと心配してました。

ホメオパシーは、ちょっと難しい所があるんで、皆が皆にお勧めできるわけじゃないんですが、EFTっていうのがあるの、ご存知でしょうか?EFTは、Emotional Freedom Techniques といって、感情を発散させる技術という感じのセラピーです。日本にもアメリカにも、資格を持ったセラピストさん達がいます。私は、パニックになった時、これを使いました。セラピストさんには、予め自分の悩みとか不安などを、じっくりと話します。自分を認める上で、かなり力になりましたよ。私は、日本のセラピストさんに、スカイプを使ってお願いしました。ご参考になれば・・・と思います。

根本的な治療は、ホメオパシーのような治療になります。西洋医学やサプリメントなんかじゃ、とても無理です。根本的な治療は、遺伝の部分から治すわけですから、時間もかかります。カルマみたいなもんですからね。でも、治らないと諦めるのは、自分次第です。私も、西洋医学から見放された病気を2つか3つ持ってますが、ホメオパシーでかなり改善されました。なんにせよ、自分の生き方を振り返る事は、それが変わる時に必要な事なんですから、モッチリーニさんは、最初の一歩を踏み出したんじゃないかと思います。

Re: 薬を飲む前に

【kaeru 05】たまごんさん>
お久しぶりです、コメントお待ちしておりましたe-349

>少しあまりにも簡単に薬物が処方されるんだなと思いました。
私もビックリしました。
ただ、行った病院がカウンセリングに重きを置いていないようなので
薬中心になってしまうんでしょうかね・・・。
私に薬を飲むかどうするか、という確認もほとんどなかったように思います。

薬なしで改善できるなら、ほんとはそっちがいいですよね。
たまごんさん、すごいです!
今度病院へ行ったらカウンセリングをやっているところを紹介してもらおうと思っています。
なんというか、まだ根本的な解決になっていないような気がして・・・。
根本的な解決、不可能なことなのかもしれませんが。

薬を飲む前に

【kaeru 02】お久しぶりです。色々と大変なようで。。。私は、発達検査とか診断なんかに、あまり正確さを見出せないんで、検査を息子にも私自身にもやってないんですが、少しあまりにも簡単に薬物が処方されるんだなと思いました。私の父が躁鬱で薬物に依存になってたんで、私自身では鬱になった時、薬を処方されても使いませんでした。たしかに、辛いこともありましたが、なんとか乗り越えられるもんだなと思いました。(ホメオパシーの治療がうまくいったのもあるのですが)
薬は、絶対に使わないと言い切ってしまうのは、辛いですが、(私は、言い切っていましたが)最初はカウンセリングなど使ってはいかかでしょうか?今までの生き方や考え方に不安を感じているのでは、ないでしょうか?それが無くなれば、自信もついて、「行き難さ」から開放されるんじゃないでしょうか?それから、自分の考え方や日記を書いてみては、いかがでしょうか?人は、全く同じに出来てないんで、人と違っていたら取り残された気分になりますが、それを認められるようになるのが、この「行き難さ」から開放されることにも繋がります。
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR