fc2ブログ

心理相談・その2

遅くなってしまいました
前回の続きです。

前回の記事はこちらです→心理相談・その1


ひと通りの検査が終わり、先生はメモを見ながら
「前回は、1年と少し前だよね。かなり伸びたね~
と言ってくださいました
(あ、もちろんジロ吉比ですよ

前回も「お名前は?」や「何歳?」には答えていましたが、
今回は目線が合ったり、他にもいくつか人に対して
コミュニケーションをとろうとする姿勢が感じられた、とのことです。

確かに、去年の8月ごろから考えると
「うん」などの肯定(たまに全部「うん」ですが)も
できるようになりつつあるし、
ジロ吉なりに要求などはそこそこ伝えられるようになってきました。

ただ、会話はまったく成り立たないのですが・・・


そこで、先生に「会話はできるようになるのでしょうか?」と聞いてみると
「将来的には、簡単な日常会話はできるようになるとは思いますよ。」
ということでした

簡単な日常会話・・・。
2年前の、将来のことをまったく考えることができなかったころから考えれば
ものすごく見通しが出てきました
今のかんじで療育を続けていくので大丈夫、と言っていただけたので
これからもユルくがんばっていこうと思います


でも、やはり大きくなっても「普通に」会話するのはムリそうです

なんとなく分かってはきましたけどね、
今までのジロ吉の伸び具合からすると。

言葉の発達は、1年前とさほど変わらないし
コミュニケーション能力も、浮き沈みが激しく
今は、調子のいいときに やっと1歳くらいの子くらいの反応があるかな?
というかんじです


ほんとに成長って、今日のジロ吉がいて 
その線上に明日のジロ吉がいるもので
急に一足飛びに伸びたりはないんだな~と
この2年 療育をしてきた中で感じたことです

中には爆発的に伸びる子もいるんですけど、
ジロ吉の場合は今までそういうことはなくて
いつも同じ調子で亀の歩みで歩いてるかんじですね

すっごく低い階段が、何百メートルごとにあって
それを登っていく みたいな。


これが障害、ということなんだとは思いますが
この現実を受け止めるためには、一緒に過ごす時間が必要で

今の私は2年前より 確実にジロ吉のことが分かっていると思いますし
またジロ吉が大きくなってからは、さらに諦めがついているはずです

でも、まだ療育は続けて行くつもりです
少しでもこの社会で生きて行く中で 苦手が少なくなるように、

私がいなくなってからも、なんとか周りと共存できるように。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

たまごんさん>
お返事遅れてしまい、すみません~e-330

視覚と言葉のリンクですか!
たまごんさんの記事での、
「複雑な概念を容易に学ぶ;簡単なスキルに手こずる」
っていうところは、発達障害によくあるものですね。
普通の人が容易にできることが自分には難しく、
なのに自分ができることが周りにはできないこともあったり・・・。

ジロ吉、大物になるのでしょうか(汗
今すでに小物感たっぷりなのですが、そうなったらすごいうれしいですe-349

No title

やっぱりそうなんですね~v-410

視覚優位は、遅咲きなんで言葉とのリンクが出来たら、成長は早いですよ。ただ、親がそれを理解しないと、単に知能が遅れていると勘違いしてしまう事になるんで、視覚優位のことを理解するようにした方が、今後にとってやりやすくなります。

http://tamagonmax.exblog.jp/21150850/

この記事に、「聴覚優位」と「視覚優位」の違いについて書いています。一般の人達は、聴覚優位なんで、世界が違うんです。なので、モッチリーニさんも、自分が宇宙人のような感覚に陥ってしまうんですよ。

視覚優位な人は、それを意識して過ごさないと、大変ですよね。でも、遅咲きというのもあるんですが、聴覚優位の人よりも、もっと可能性を秘めている人達なんで、ジロ吉君は大物になると思いますよ!

Re: No title

たまごんさん>
いつもコメントありがとうございます~e-343

そうなんです、私もかなりの視覚優位で・・・。
自分で話すことには不便を感じないのですが、
重要な話を聞き逃すことが多いです(汗
普通の方は最初にイメージがいらないのですね。
ジロ吉ももちろん視覚優位ですし、私も小さいころはたぶんあまり聞くことが
難しかったのではないかと思っています。

視覚理解と聴覚理解のリンクですね。
あんまりそういうことでのお勉強はしていないので、
言葉の勉強のときに視覚でもサポートしてみたいと思います。
言葉が出てからも絵カードを使うのがいい、というのはそういうことかもしれないですね。
私は小さいころから文字が読めていたので、かなりそれに助けられましたが
文字もリンクさせることにかなり影響がありそうですね。
ただ、ジロ吉は文字が全然なので・・・絵や実物でやってみようと思います。

No title

こんにちは!お久しぶりです。v-411

ジロ吉君、順調に成長して嬉しいですね。
モッチリーニさんは、絵の才能があると前から私は感心してるんですが、以前に自分が何か人とは違ってるとか、心理士に相談に行かれたとブログに書いてあったんですが、ご自分は「視覚」で理解するのが得意か?それとも、「聴覚」で理解しているのか?って考えたことは、ありますか?

今回のブログで描写されてる低い階段を上って行くのも、もしかすると、それを考える際に、そのイメージが先行してるんじゃないですか?人によっては、このイメージが要らないんです。文字で、それを理解するんで、イメージは後で付け加えられるんですが、モッチリーニさんの場合は、このイメージでほとんどの場合、考えたりしませんか?

そうだとすると、ジロ吉君もそうじゃないかと思います。ウチの息子とジロ吉君の共通点を考えていたんですが、恐らくこの「視覚優位」な点じゃないかと思うんです。視覚が先行すると、聴覚での理解が難しくて、ほとんど聴こえていないかのような反応になるんです。けれど、目から入る情報は、耳から入る情報よりも圧倒的に強烈で、実のところ、何十倍も早く脳に行き着くんです。なので、その分、混乱も激しいわけです。

ウチの子もそうだったんですが、多動が激しいですよね。年齢と共に、かなり良くなったんですが、それもそういった混乱が治まって来たのも関係があるんだと思います。

要は、何をしなければいけないかというと、視覚での理解と聴覚での理解をリンクするのです。これは、ヘレンケラーが始めて水を触って、手に「水」という文字を教えてもらって、始めて物には名前があるんだと分かったように、目で見るものに名前をつけていくという作業が必要になるんです。なので、家の中にあるもの全てに名前を付けて、意味づけする必要があるんです。名詞は、それでかなり覚えますよ。形容詞や動詞は、それぞれに、その瞬間を見せる事が必要ですね。

大変ですが、この「視覚」と「聴覚」での理解を少し念頭に置いておく事で、かなり違ってくると思いますよ。
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR