fc2ブログ

療育は早いうちに

市の発達相談で「自閉傾向」と言われましたが、これだけですぐに診断が降りたというわけはないようでした。

なので、今回自閉傾向と言われた、ということで優先的に市の療育センターの診察を受けれるようになるので
電話をしてみてほしいというふうに言われました。

次の日、早速電話をすると、女性が電話に出られました
その方が後にジロ吉の担当ワーカーさんになってくださったのですが・・・。

私の今まで溜まっていた話を、すべて明るく親身になって聞いてくれたのです
なんというか・・・不安な気持ちが、すっと楽になりました

そして、その病院での予約ですが、ここでもまた1ヶ月半くらい先しか空いてませんでした
こんなに待つなら、最初から発達障害も診れる小児科に行ったほうが早かったかな~

とりあえず予約しましたが、療育を始められるのはまだ先になりそうなので私は焦りました
ネットで自閉症児の先輩ママさんたちのアドバイスでは、「なるべく早く療育を」と書いてあることが多かったからです。

できれば2歳くらいからが望ましい、もっとできるなら1歳代からでも・・・と。
しかも、療育でかなり伸びる子もいるし、個人差はあれどやはり療育は違うとも書いてあり
私としては、少しでも早くその療育というものをやっていただだきたいと思っていました。

でも、今から1ヶ月半先の診察で療育先を紹介してもらうとしたら、そこでうまくいっても始められるのは2歳3ヶ月くらい。
一応親子教室は療育先が決まるまで継続になったけど、月1じゃああんまり意味なさそうだし・・・
と考えて、よく車で通りながら支援学校があるのを知っていた場所に、2歳児の療育もやっていないか聞くことにしました。

とにかく、ジロ吉に自閉傾向があるのは事実だし、落ち込んでる暇はない

いろいろ動いていないと私が落ち着かない・・・という、泳がないと死んじゃうみたいな強迫観念から私は動き始めました。
今思えば、そこまで焦る必要ないのに・・・完全に迷走してました
そして、療育に対してのものすごい期待もあり、魔法の特効薬のような気がしていました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR