fc2ブログ

心理相談・2014

年に1度の きのこ園での心理相談がやってきました
(去年の記事はこちら→心理相談・心理相談続き

こうやってゆっくりとジロ吉の発達について見てもらえるのは
本当にありがたいです


今回も前回と同じ流れだったのですが、
積み木で模様を作るテストでは前回より若干できてませんでした


ただ、KIDS発達スケールという聞き取りの発達検査では
1年前がDQ23くらいだったのが、今回はDQ33くらいになっていて
(手元にないのでうろ覚えです)

先生に「10も上がるなんて、すごいですね!成長しましたね
と褒めていただけました


しかし・・・そう喜んでもいられません

DQ33といえば、2歳くらいの一番大変だった時期がDQ35、
それよりも低いってことになります

そして3歳すぎがDQ44、去年が23くらい・・・ということで
去年の結果を 先生が出して説明されなかったのは
もしかしたら私がショックを受けてしまうと思われたのかも

KIDS提出したのに なんでかな~?とは思っていました。
確かにショックですが・・・今年は少し上がっていたのでよしとしましょう


やはり年齢が上がるにつれて
だんだんと落ちてはくるものなんですね

幼稚園での年少さんたちの会話を聞いていても 成長の早さに驚きますからね
彼らが100とするならば、実際ジロ吉のレベルは30より少なそうです

まず会話が成り立たないし
すごく小さい子でも、「なんで」と頻繁に質問していてびっくりしました。

ジロ吉は、セラピーで何度も反復しても「なんで」が理解できません
論理的な考えの基本になる部分なので、ここがわからないと
外の世界の大半が よくわからないものになっていると思います。

物事には、すべて理由がある(誰かの名言かも)
これにいつか 気づいてくれる日が来るのでしょうか。


他には先生に ジロ吉の何ヶ月にも渡る不調の相談をしました。
自閉の子特有のものかと思っていたのですが
今まで特にそういう事例は聞いたことがないとのことでした。

今年は2月~5月半ばまでが不調期で、
まだ今のところ特に不調というわけではないのですが
小さいパニック(テンションが上がりすぎて、抑制がきかない状態)は
1~2日に1回くらいあります

それに加えてお手伝いやトイレなど、すぐに行ってくれなかったり
幼稚園の玄関でのしたくも、長い時間動かなかったり 
好きなことをしようとして 上履きなどをほったらかしにしたりと
こちらの話が聞こえない・または聞いてはいるが、したくないというふうな
部分もあります。

前からサっと動いてくれるような子ではなかったけど、
今は本当に何度も促しても 笑いながらソファへダイブして
手を引こうとすると 大笑いでくすぐったがるという始末。

・・・と書いていて気づきました。
前記事の不調の時と同じ状態っぽいです。
もしかしたら、ずっと不調だったりとか・・・

夜中起きないだけで、情緒面は不調のときと変わっていませんでした。

もはや 不調というよりは、これがジロ吉のいつもの姿のようです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

kohさん>
返信遅くなってしまい、申し訳ありません(汗
しばらく自分のブログを見に行くのを忘れてしまっていました(汗
そう言っていただけると、ありがたいです!
お互い楽しくがんばりましょう♪

No title

ありがとうございます。
色々参考にさせていただいてます。
息子は、全然喋りません。先の事考えると不安で仕方ありません。
でもモッチリーニさんのブロク見て頑張ろう!ってそう思えるようになりました。本当にありがとうございます

Re: 教えて下さい

kohさん>
こんにちは^^
チャレンジは、今は1年前のものをやっています。
それでもけっこう難しいみたいです。

教えて下さい

うちの子は、DQ36の3歳の男の子です。チャレンジは、年齢にあったものですか?それとも下の年齢のものですか?

Re: No title

たまごんさん>
コメントありがとうございます^^
自己防衛本能なんですね~(汗
セラピー中でも心がどこかへ行ってしまうくらいなので、
検査となるとまったくできないんですが、なんでだろうと思っていました。
確かに不安を感じていると思います。
好きなことだとノリノリでやっているので、
まずは不安や恐怖を少しでも取り除けるよう
たくさん認知力を深めていけるようにしたいです。
まだまだ療育は終われなさそうですe-327

No title

なんだか、お母さんとしてはショックな感じですが、私は検査の結果は特にジロ吉君くらいの年だと、正確に反映されてないと思えるんで、そんなに落ち込まなくてもいいんじゃないかと思います。
発達障害の子は、健常児のように自分を曝け出して、外部を受け入れるっていうのがまず無いんで、自分を守るためにも外部の事を受け入れずに我がままに行動するのがあるんで、検査の時にちゃんとやってくれる保証は無いですよね。自己防衛機能といって、自分の世界のものだけを受け入れる機能が強いのです。
やっぱり、その壁を崩すのが一番むずかしい所で、その壁の原因が不安だとか恐怖になってるので、これからも療育とかセラピーで少しずつやっていくしかないんでしょうね。
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR