fc2ブログ

そして支援学校へ!

2016年1月

前回の記事でも書きましたが、いろいろと考えた末
支援学校へ進路を決めました

こうなると不思議ですが急に支援学校への愛着が出てきます。


この日は支援学校での最終的な面談でした。

本来は12月にもう1度体験・面談があったのですが
その日学校に行ったところ、手続きができていなくて体験できず
私が書類を出すのが遅くなってしまったのが原因でした


そこで急遽時間を作ってくださり、なんとか1月に面談できることになりました。
3学期に入ってお忙しいところ またご迷惑をおかけしてしまいました


幼稚園にお迎えに行き、そのまま学校へ
なんとか時間に間に合いました

ジロ吉は2度目の学校だったので楽しそうでした。
そして私は学年主任の先生との面談、
ジロ吉は他の先生たちが別室へ連れて行ってくださいました。


いろいろと書類を見ながら 新学期からの持ち物などの説明をうけました。
主任の先生は女性で、とても話しやすくて楽しい方でした

ひととおり終わって「何か質問はありますか?」とおっしゃったので、
一応ダメもとでジロ吉が家でやったプリントを出しました。
(ちなみに主任は支援学校の体験のときに「勉強はしないので、
期待しないでほしい」とおっしゃっていた先生です。)



実は大学の方で、支援学校の先生との面談では
何を話せばいいかを聞いたとき
〇もしも勉強を家でやっているなら「ここまではできます」というのを見せるとよい。
〇ダンスなどうまくできている動画なども持って行く。
とアドバイスを受けたのです


「家やデイではこういうかんじで勉強をしています。」と
ここ最近でよく書けたひらがな、ドリルなどや児童デイでの宿題、
幼稚園の生活発表会のダンスもお見せしました。

すると先生は「あら、こんなにいろいろできるの?すごいわね」と
褒めてくださいました
やはり支援学校の先生は、褒め上手です
ジロ吉は字がものすごくヘタなんですけどね


そしてこうやって今できることを見せることは
とても重要なのだということに気づきました。


今までいくつかの療育先では、先生方はプロなんだから 
ジロ吉の様子を見れば何ができるのかわかるだろうと
聞き取りでは少しでもできないことは「できない」と答え、
何を教えてほしいのか書く欄にも「先生にお任せ」と書いていました。

そうするといつも家だと1~2年くらい前に終えているくらいの課題から始められます。
聞き取りやジロ吉の様子から先生方も課題を決められるのだと思います。


「だいぶ前にできてたんだけどな、でももうできてる課題だから
すぐに次の課題に進むよね。」と私も最初は思っているのですが
なぜかジロ吉は やる気がないとそういうものでも間違えるので
結局その課題を半年くらい続けることになります

半年くらい経ってもまったく先に進まない課題に 私も絶望してしまい
セコいようですが料金も高いのですぐにやめてしまうの繰り返し


でも、これも先生は魔法使いではないので 
少し会っただけでその子がどこまで進んでるかを察するのは難しいし
むしろ70%くらいできていることであればできるということにしたり
「家ではこういうことをやっている」とか「これを教えてほしい」と
具体的に説明された方がやりやすいんだと思います。

先生方もプロなので、そういわれた上でどこまでできるのかを確認して、
けしてムリさせずに進めてくださるので安心です。

ここに気づかず、何か所もムダに通ってしまいました


そして最近(2016年)、前に行っていた太田ステージの個別に通っているのですが
そこでも1年ごとにステージを測るテストを受けるのですが
やはりジロ吉はまた去年とほとんどステージが変わらなかったので 
しばらくは個別の内容も去年と同じものでした。

でも意を決して、「家では算数をやっていて 教えるのに行き詰っているので、
ここでそれを教えてもらいたい」と伝えたところ
すぐにどこまで数が分かっているのかを試してくださり、
今は私では思いつかない教え方で教えてくださっています
(分かりやすくていつも「すごい!すごい!」と言っちゃってます



あまり療育のことで注文をつけるとモンペと思われてしまうかも?と
今までなるべく意見を言わないようにしていましたが 
取り越し苦労だったかな?


あ、でもやっぱり 聞かれてもないのにわが子のプリントを出して
「こういうのをやってます!」と言ったのは
もしかすると鼻息荒い親だなとは思われてるかも

そんなんされたら褒める以外ないですよね~
ビデオも早送りしながらでしたが、親バカぶりを発揮してしまいました。


そのせいなのかはわかりませんが、主任の先生は
ジロ吉の担任からは外れました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: 嬉しいです♪

sho-kunmamaさん>
楽しみにしてくださってありがとうございます^^
更新がんばります!

嬉しいです♪

更新嬉しいです♪
今後も楽しみにしています
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR