fc2ブログ

自閉症協会

光とともにの中に、自閉症協会への連絡先が書いてありました。
全国にいくつか支部があるようです。

同じような悩みを持つお母さんとつながりを持ちたい、みんながどういう療育をやっているのか知りたいと思い
そこに書いてあった自分の県の電話番号に電話してみました

電話に出られたのは、副会長さんでした。
とても明るい方で、私の長い話を親身になって聞いてくださり、共感しはげましてくださいました
今は夏休みなのであまり活動はないようで(学生のお子さんを持つ親御さんが多いらしいです)残念でしたが
入会を決めました

すると、その日のうちに電話があり、会長さんが直々に会ってくださるというのです
診断されたばかりで何をしたらいいのかわからない時期に活動がないので、とりあえず話だけでも近いうちにということでした

数日後、会長さん・副会長さんとお会いすることができました
お二人とも、自閉症の息子さんをお持ちなのもあり、お忙しいのにいろいろなアドバイスをしていただいて
本当に感謝です!

そのときの内容は

 おもちゃ箱との間にお母さんが入る(手の届きにくい場所におもちゃを置き、コミュニケーションをしないと取れないようにする)

 二次障害(自信をなくしてしまう)にならないよう、ちょっと努力をしたらできるようなことをやらせて、たくさん褒める

 机の上などに登ってしまう、などよくないことに対しては、低い声で「降りて」とだけ言う。降りたら、褒める

 (不器用なのを相談したので)作業療法をやっておいたほうがいい

 5年後、10年後にしてはいけないことは、今からやめてもらう(抱きつきなど)

 自分のものと、人のものとの区別をつける(マークなどをつけたり)

 いきたいところ、食べたいものなどを写真から選ばせる(最初は好きなものと、そうでもないものから2択)

 学校に対して腹が立っても、感情的にならない

 普通級にこだわらない

今改めて見ても、初心者にわかりやすく 的確なアドバイスですな~ ←なんか、上から目線っぽい

他にも、就学のときにサポートブックを作って提出したほうがいいとか、療育手帳もできるなら早めにといった情報も教えていただきました。

本当に、あの頃は一番焦りMAX時期で とにかくウロウロしていた私に道筋を立ててくださり、その後も何度かメールで相談に乗ってくださったり・・・・。
私の心の支えでした。

しかし、せっかくのアドバイスなのに、マークつけたり写真で選ぶ、とかまったくできてませんが・・・
もう少しがんばります

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR