fc2ブログ

大学からのメール

ジロ吉の思っていたよりも重い自閉指数、知的障害にあわてふためいた私ですが
前回の日記での井上先生のお言葉
「もしかしたら、近くの県の大学を紹介できるかも・・・」というのを聞いて、少しは 今やるべき事の指標ができました

もし紹介してもらえなくとも、その時は自分で動いて探してみよう。
きっと、うちから行ける距離にも 井上先生のような具体的に療育の手助けをしてくださる方がいるかもしれない

これからのジロ吉が少しでも改善するように とにかく余計なことは考えず(後ろ向きにならず)
自分のできる療育をがんばろう
他にもいいとされていて、自分でも「これだ!」と思えるものは取り入れてもいいかも

それから私はまたネットで療育について調べ始めました。
ジロ吉のことは放っておいて

たぶん・・・現実に向き合えなかったんだと思います。

何かをしていないと落ち着かない、療育でジロ吉が良くなるはず・知的指数が伸びたり、自閉度が薄まったりするはず
そう考えて現実のジロ吉を見ていませんでした。

今でもそういう部分はあると思います。

きっと近いうちに、本当に諦めるときが来るのかもしれません。

そして、そのときこそが ジロ吉の障害を受けとめることができた、ジロ吉のありのままを受け入れるということができるのかもしれません。


でも、今は諦められません。

諦めるときではないと思っています。

もう少し夢を見させてください 
その前に、口だけで全く行動が伴わない性格を直さないと・・・


そして、大学の先生からメールが着ました
少し遠いので来るのが大変かもしれないけど、それでも良ければ という内容が書いてありました

そこから、ジロ吉の担当になられる方(これからはA先生とします。)を紹介してくださり
3週間後に、大学の近くの駅で待ち合わせの約束をしました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR