fc2ブログ

セラピーのこと(2歳6ヶ月)

2歳6ヶ月~2歳7ヶ月くらいまで(11月~12月)の間、大学に行ってセラピーを受け
1~2回通ううちにタッチだけはかなり積極的になりました

何かが欲しいときは こちらがタッチするよう促すようにもなり、たまにですが「タッチ~」とも言うようになりました

そして、人が指差した方を見ることや 表情が少し生き生きしてきたりなどの変化がみられました

生き生きしてきた、というのは個別の心理士さんや 集団療育の先生に言われて 最初は
「そんなに変わらないと思うんだけどな~」と思っていましたが
最近になって、2歳~2歳4ヶ月くらいのころの写真を 2歳6ヶ月くらいのころと見比べて、明らかに表情が違うと気づきました

というか、2歳くらいのジロ吉は なんだかボーっとしていて、遊びに行っている写真なのに
数十枚の写真が全部 目が遠くを見つめていて、つまらなそうにしているようなものばかりなのです

こんなにつまらなそうな写真ばかり まったく気づかずにたくさん撮っていた私にも驚きました。


一緒にいるときは、つまらなそうな顔とか思わなかったんですけどね。
どちらかというと 楽しそうにしていた記憶なのですが



大学でやっていただいていたのはPRT中心で、PRTというのは 遊びなどを通して
子どもの適切な反応を伸ばしていくようなやり方で 自発性やコミュニケーション能力などを伸ばすようです。

DTTの方も「タッチ」は完璧に近くなり、次は「机にブロックを置いて、それを取って渡してもらう」という課題をやることになりました
これに関しては、もともと家でもできていたので けっこうスムーズにやることができたと思います。

しかし、家で改めて「取って」の課題をやってみると、テーブルの上でブロックを取って渡すのはできたので
今度はブロックを1メートルくらい離した床に置いて、同じように「取って」と言うとできませんでした
ブロックを「取って」と言って手を差し出すと、「タッチ」してくるのです。

これは、床に置く課題をやるのが早すぎたようです。
できないので、大学で相談すると「テーブルで100%できるようになってから、強化子も使ってやりましょう」とアドバイスをもらいました。

今思うと、強化子無しで 復習でいきなりやったことのない難しい課題をやるなんて、自爆行為としか思えません
課題はちゃんと段階を踏んでやっていかないと、当たり前ですが つまずいてしまうようです

12月には、テーブルの上にブロックを置いて、ランダムに 「取って」 と 「タッチ」 をやれるようになりました。
(ちなみに この課題は、私が思いつきでやったものです。ちゃんと段階に沿っているかは分かりません)
ブロックを机に置いているのに「タッチ」を要求するのは、混乱してしまって よくないかもしれないです。

しかしその課題をやっていて気づきました。
ジロ吉は行動をおこす前に 少し考えこんでいるのが見て分かりました
「タッチ」と言うと、一旦ブロックの方に手を伸ばすのですが、「ハッ!」となってタッチをしてくるのです

私は感動しました
今まで、ジロ吉が「考えてる」なんて思わせるようなことはありませんでした。
今自分のやっていることが、ダイレクトにジロ吉の脳を活性化させてるんだ、と確信しました。


同時に動作模倣も進行していくのですが、発達相談のときに 代表にやり方を教えていただいた
「ハーイと片手を挙げる」ことをやってみました。

でも、ぜんぜんできません。
なぜか「バンザイ」をしてしまうのです
「バンザイ」と「片手を挙げる」のの区別がついていなかったようです。

どうも、私が手を挙げた場合の上の方の部分が視界に入っていなかったみたいです。

ジロ吉の視界。中心の円部分以外は見えてない

もしくは、ハーイとお手本で挙げた手を「タッチ」してくるか・・・。
模倣をするのだ、ということが理解できていないのです

手を見ると 条件反射的にタッチしてくるので、何も考えてないかんじが伝わってきます。


これは 手ごわい・・・。

ジロ吉にものを教えていると、よく「こんなことも教えないといけないの~?」というような
本来、もの心ついたら覚えなくても分かっているような概念を理解していなかったりして
そういうものほど、どう教えたらいいのかも見当がつかないので
毎回絶望的な気分になります

たとえば、「リンゴ」をリンゴと認識したと思ったら、絵のリンゴも同じ「リンゴ」だとは分からなかったりとか・・・
その場合、リンゴの写真やリンゴの模型から徐々に教えていくんですが、気が遠くなります。


そして、動作模倣は(というより、家庭でのセラピーは)とりあえず先延ばしにすることにしました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR