fc2ブログ

2歳8ヶ月のジロ吉

2歳7ヶ月ごろから、やっと単語を発するようになり 少しだけ落ち着いてきたジロ吉。

2歳8ヶ月のジロ吉の様子は

 絵本(とくに しろくまちゃんのホットケーキ、恐竜図鑑)を持ってくる
ホットケーキは、フライパンに入れたホットケーキのできあがる様子が見開きで描いてあるので、そこの部分
恐竜図鑑はひたすら恐竜を指差し、言わせます。
このとき、なぜかひとさし指ではなく親指でさすことも多かったです

 「バ・バ」は定着。

 朝、「おとうさん、起きて ってやって」と言うと、なぜか泣きながら起しに行く

 やってほしいとき、開けてほしいときは「やって・・・あけて」と言ってくる。
とりあえず、どっちも言うことにしたっぽい 

 しいたけクラスのお母さんに、「目が合うようになってきたね」と言われた
そこでうれしくなってしまい、思わず「恐竜図鑑の指差した後、目を合わせてから恐竜の名前を言うようにしたんです」と、聞かれてもいないのにアドバイスっぽく言ってしまうという恥ずかしさ・・・しかも、出木杉くんのお母さんに・・・

 よく抱きついてくるようになった 
しいたけクラスでも、うちの子以外の子は けっこうお母さんべったりで甘えん坊さんだったので気になっていましたが
それまではあんまり私にまとわりついてくることは少なかったです。

それが、このあたりから療育先で 時々私の方へやってきて膝に座ってきたり、家でもネットしてるとわざわざキーボードの上でトーマスを転がしたりという行為が目立つようになってきました

単純にうれしいです 

 イスに座っているのは苦手・・・・これは現在(2歳11ヶ月)も継続中 
ただ、前よりは離れたところにいても、呼んだら3~4回に1回は来るなど(少なっ!)、成長を見せている。

 ハブラシを渡すと、鏡に向かって口の中を見てる ナルシストめっ!!

 シール貼り、お絵かき、塗り絵は苦手
ブロックや積み木も、ただ積み上げたりするだけで形を作ることができない。




セラピー的には

 動作のまねっこはそこそこできるようになってきたが、「立って」がまだできない。
口元の模倣も苦手(ほっぺをふくらます、舌を出すなど)

 片手を交互にあげる、などを続けるのは2回までしかできなかった  

 絵が書いてあるカードを並べて、「りんごちょうだい」と言うと りんごのカードを渡せるようになった



セラピーもまだまだではありますが、それでもできるようになったことは前に比べてだいぶ増えました

意志の疎通は 今でもぜんぜんですが・・・

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

いつもありがとうございます。

たまごんさん>
たぶん、私の場合は若干投げやりだったというか、「もう自閉症なら自閉症で、ハッキリして!」っていう時期があって
動いてないといられなくて、それが焦って迷走してしまうという形になっていってたっぽいですe-330
やることがあれば、絶望をあまり感じなくてすむかなと・・・。

やっぱり主観が入ってしまうのは、当然ですよね~。
少しづつ親の欲目の修正入っちゃってますe-454

またまた感心します。私の息子がジロ吉君の年齢の時、私はそういった思慮がなかったんです。やみくもに絶望感を味わってました。なので、「絶望とかもあります・・・」と書いてある意味がよくわかります。
私が、そのやみくもな絶望感をやめたのは、息子がかなり年齢が上がってからでした。(たぶん、6・7歳になってから)息子の治療を始めるにあたって、そういった客観的な見方が必要になってきました。それからです。それが出来るようになったのは。
今は、先生の話しやセラピストさんの話、ジジババの話など、出来る限りのソースを集めて、自分には出来ない部分を補って行ってます。
やっぱり、母親ですから、そうった主観が入ってしまうのは当然ですよ。むしろ、なかったら、変ですよね。(笑)

ありがとうございます!

たまごんさん>e-343
いつもコメントありがとうございます。
ブログをやるにあたって、やっと今まで(といっても年末からくらいです)ちょこちょこ書いてたメモを見返したくらいで。
こういうことでもないと、ほとんどおさらいする機会ないんですけどねe-330
客観的に見るようにしてるつもりですが、けっこう矛盾したり つい子どものことになると欲目で見たり
反対に、自分の子だからこそのできないときの絶望とかもあります・・・。
でも、ほめてもらえてうれしいです!
ありがとうございますe-343

私は、モッチリーニさんがこういうふうに、細かく分析されて、ご自分でおさらいされてるのって凄く感心します。私も、やるべきだったなって思います。
母親って、色んな面で子供のサポートをしてるわけなんですが、他の人との橋渡しも母親だから出来るって事が多いんですよね。
他の人も、母親だから息子さんの事をわかってるだろうと思って色んなこと訊いて来るし、それに答えないといけなくなる。そうすると、良い事悪い事、全てしっておかないといけなくなるんですよね。
これって、自閉症の子に限らず、健常児でもそうなんでしょうけど、自分の子を客観的に見る作業が必要になってくるんですよね。自分の子だから、何でもアリっていうふうだと、健常児でも子供の成長を妨害してしまうと思います。
モッチリーニさん偉い!

はじめまして^^

ゆうさん>
コメントありがとうございます♪
ゆうさんも、自閉っこのお母さんなんですねe-257
4月なので新しい生活、かなり疲れますよね~e-330
ゆうさんのコメントで、私も癒されました。
ありがとうございます。

初めまして

じろ吉くんの様子とお母さんの気持ちが凄くよく伝わってきてコメントしてしまいました 3歳9ヵ月の自閉っ子の母です 毎日子育てに追われ今日は少し疲れていましたがじろ吉くんの様子に癒されました お母さんの気持ちよくわかります 頑張っているひとがここにもいるんだと励まされました
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR