fc2ブログ

2歳11ヶ月のジロ吉

4月でジロ吉は2歳11ヶ月になりました。
もうすぐ3歳になります


ジロ吉、2歳11ヶ月のころの様子は・・・

 2語文が出るようになった。
とはいえ、自発的に・・・というよりは 私が言わせてるかんじです
まいたけクラスでお弁当のとき、お友だちのバナナを見て「バナナちょうだい」など言うこともありますが 要求がほとんどです 

あと、気になるのが「◯◯ちょうだい、ちょうだい」となぜか「ちょうだい」を2回言うこと。
なんだかイヤな予感がします・・・・



 私と離れても泣かなくなった。
一時保育で、送って行ったときに泣かなくなりました。



 ipadのパズルは好きなようで、よくやっている。
普通のパズルだと、きちんとはめないといけないけど、ジロ吉の好きなアプリは近くに持っていくだけで「カシャ!」とはまるので
そこが爽快らしい

ただ、ついipadをやらせてしまい、ジロ吉をかまうのをおろそかにしてしまっています
ジロ吉も 最近中毒のようになっているのか、何かと「ipad~!」と棚に置いてあるのを指さして言ってきます。 



 コチョコチョをしてくるようになった。
「おかあさんといっしょ」の ポコポッテイトが好きなのですが、その中でミーニャがムテキチをコチョコチョする回があって
それが気に入ったらしく、マネしてコチョコチョをするようになりました

1度コチョコチョして、「ニャニャ、もう1回ニャ!」と目をキランとさせながらもう1回コチョコチョというのが
お決まりのパターンです。



 いつも歌を歌っているか、何かを言っている。
はっきりいって、怪しさ満点です
言っているのは「ニーハー」とか「シーシーバー」など、90%が喃語になっているし、歌も私と旦那しか聞き取れない歌になっています

あとは、「あ、ちょうちょ!」など何もないところで言っていたりするので、「はいからさんが通る」で酔っ払ってる人が「てふてふが飛んでる~」と言っているさまを思い出しました



 ブランコにつかまれるようになったが、坂を登るのが苦手。
まいたけクラスの遊びで、けっこう急な坂(すべり台くらい)を登っていくのがあるんですが
みんなシュタシュタ登っている中 ジロ吉は苦戦していました
足の使い方が少し不器用なのかもしれません。



 まだ多動はおさまらず、公園でも目を離すと出ていってしまう雰囲気はある。
集団でのイスも相変わらず座れていないときも多く、公園も遠くまで行ってしまいます
SCでも、手をつないでいないと 猿のように横飛びしながら逃げていきます



 友達との追いかけっこが大好き



 お母さんの認識がほとんどない?
私の顔写真を、「これ 何?」と聞いたところ 「おとうさん」 と答えました

動物や果物など、絵カードで名前を聞くと ほとんど言えるというのに・・・なぜ「おかあさん」が覚えられないのか
謎です。

まあ、最近「おかあさん」と呼ぶのは少し諦め気味というか そのうち気が向いたら呼んでくれればいいかなというふうに考えてます
「おとうさん」はたまに呼んでるのを聞くんだけどなー。



 机の上のもの(雑誌や化粧品、ティッシュなど)を 下に落とさないと気が済まない。
これはジロ吉の手が届くところに置いておく私が悪いのですが、とにかく片っぱしから落としていきます
外では手をつないでいるので今のところ大丈夫ですが、人の家などにおじゃまする機会があったときに目を離してしまったら・・・
と思うので、できればそのうち やらなくなってくれるとありがたいです。




 セラピーのときなど すぐに集中力がとぎれてしまう。
できる課題のはずなのに、途中で問題を聞いてないような雰囲気になると だいたい間違えます

セラピー以外でも、なかなか集中が続かないのがジロ吉の悩み(というか、私の悩みです)

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

たまごんさん>
PECSは、絵カードでコミュニケーションするらしいのですが、確かにそれを教えこむのも大変どうですよね。
「違う」と「うん」、そろそろ教えてみようと思います。
いい方法を教えてくださってありがとうございましたe-328

今、名前を言うのを教えていますが、毎回「お名前は?」と言うと「お名前は?」だし
これで言えるようになったら、今度は「お名前は?」以外の聞き方、「名前は?」や「名前、なんていうの?」など
変えても言えるようにしないといけないし・・・そこまでできるかもはや遠すぎて想像つきませんe-263

>PECSみたいな絵カードとか教えたら もうちょっと要求増えるんでしょうか?

すいません。PECSって知りません。^^:
なので、なんともいえませんが、要求を教えるのは、わざと何かを言わないといけないように仕向けることですね。

たとえば、ジロ吉君が好きなものを手に持って、もう一方の手にはジロ吉君が興味がないもの、または嫌いなものを持って、ジロ吉くんが好きなものを取ろうとした時、反対のものをわざとやります。そして、ジロ吉くんが違うという事を意思表示できるようにします。欲しいものだったら「うん。」違うものだったら「違う。」というように言って見せます。それを、また何回も繰り返します。

私は、絵カードは、逆にややこしくなるように思うんですけど、どうでしょうね?
絵カードと実際のやってる場面とを重ねて考えるのも、想像(イメージ)での力が必要になってくるんで、自閉症の子達は、それが難しいんですよね。
なので、実際の場面が直接に頭に刻み込まれた方が楽なんではないかと思います。

こんにちは~

二語文、要求のみだし ほとんど言ってくれないんですけどね~e-330
会話らしい会話になるのは まだまだ先のようです・・・。

怒ると大爆笑、ありますか?
まなみんちゃんの写真、すごく癒されてます。
やっぱり女の子は、愛らしいですね~e-328

話しかけ

たまごんさん>
ほんとに聞いてないのか、聞いてないのかは分からないのですが
よそ見してるときはやっぱり指示は通らないのに、なぜか私の口ぐせをマネしてたりするのです。

たまたま聞いてるときを狙いたいけど、そのときがわかりにくいので とりあえず話しかけe-343ですね。
続けていきたいと思います。

タイプでコミュニケーションの話、ブログ記事にも書いた東田さんがまさにタイプで話をされるようなのですが
言葉をそのまま声に出して話すのが苦手、でも十分理解はあるということなんでしょうね。

ジロ吉もひとりごと(喃語もふくめ)はすごいのに、要求さえも言わないですませようとします。
PECSみたいな絵カードとか教えたら もうちょっと要求増えるんでしょうか?

二語文羨ましいです~(^^)/


まなみんも、そんな感じですよ(^^;)怒ると、大爆笑(^^;)あります…

自閉症の子って、聞いてそうで聞いてなさそうでっていう雰囲気ありますよね。
でも、絶対に話しかける事を続けるべきですよ。

聞いてない時も確かにあると思いますが、聞いてる時に理解が出来てるわけですから、そのチャンスを逃さないようにしないと。
母としては、悲しくなるというのも気持ちとしてわかります。
他と比べたくなる気持ちもわかります。
それらを克服できるには、時間もかかります。
実際、私は英語が下手だったんで、あんまり会話してなかったんですが、ほんと少しずつの積み重ねですよね。

以前にYoutubeで見た事があったんですが、一卵性双生児の双子で、一人が知的障害を伴なう子で、もう一人は健常児の例を見ました。
その自閉症の子は、13歳になるまでコミュニケーションが出来なかったんだそうです。そのコミュニケーションが出来るきっかけになったのは、パソコンでタイプが出来るようになったからだとか・・でも、そのタイプでコミュニケーションが出来るようになった以前には、彼女は理解や認識が、ちゃんと出来てたんですよね。なので、そういった理解が出来てないように見える自閉症の子だけど、そういう事もあるようです。

会話

たまごんさん>
本を読んだり算数ができたりできたなんですごいです!
小学校に入ったころには、急に会話できるようになったのですか?

うちの場合、心ここにあらず・・・・・というかんじなので、会話以前の問題のような気がしてきました。
私と一緒に過ごそうという気持ちがなさそうに見えるというか。

最近、返答を期待しないぶん 私もひとりよがりな独り言いってる人みたいになってますe-263

>いつになったら会話が成立するようになるんでしょうか。

家の子が会話が出来るようになったのは、小学校に入ったあたりでしたね。家の子は、そういうオウム返しばっかりだったにもかかわらず、本を読んだり算数が出来たりしてたんで、健常児のクラスに入れてたのでした。

実際にそういう会話として自分の言葉に出来るようになったのは、少なくとも3年生くらいでしたよ。

物を下に・・・。

たまごんさん>
家では怒りたくないので、なるべくモノを置かないようにはしているのですが
たまたま忘れてたり、つい置いてしまうと・・・ひどいことになってしまいます。

あまり広い公園は行かないようにしてますe-330
集団療育で行く公園は広くて遊具もないのですが、他の子たちはお母さんや先生たちの近くで遊んでいるのに
うちの子だけ向こうへスタスタ行ってしまいます。

「これ何?」は、ABAの課題でなぜかできるようになったのですが、「これ何色?」には答えられないし
基本オウム返しなんですe-350
「ただいまー」って言われて「ただいまー」とか、「お名前は?」と聞いても「お名前は?」みたいな。

いつになったら会話が成立するようになるんでしょうか。
今、肯定の「うん」を教えているところですが、ぜんぜん使えなくて・・・・。

「物をしたに落とさないと気がすまない」家もそうでした。あれは、面倒だし気が気じゃないですよね。一度は、ガラスコップで壊れました(ついでに、私も壊れました)

家は、ブランコ、滑り台が苦手で、かなり大きくなってからでしか、出来ませんでした。
どちらも怖がってて、ブランコだと、ほとんど座ってるだけでした。(笑)

家も公園では、果てしなく一人で歩いてましたね~。家の近所の公園は、端から端までが一キロくらいあるんで、追いかけるのも大変でした。

家の子がジロ吉君の年齢だった頃は、オウム返しばっかりだったんで、お母さんが「これ何?」と訊いて、「お父さん。」と答えたのは、会話になってる分でオッケーだと思いますね。

プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR