fc2ブログ

障害を受容することについて

ジロ吉が診断を受けてから、ちょうど1年が経とうとしています

なんだか、すごく遠い昔のようにも思えますし つい最近のことのようにも思えます




私は、ジロ吉の障害を きちんと受け入れることができたのでしょうか?





「自閉傾向」と告知されたときの絶望から 療育を始めたことによって気分も落ち着き
自分でも 少しづつだけど受容してきているのかな?と思っていました

でも、その中で「療育をすれば 定型発達に近いくらいになるかも?」というような
客観的に見れば 諦めの悪い、叶わない夢を見ていたのかもしれないなと つい最近気づきました



ただ その状態も 私には必要なことだったと思います。
それがあったからこそ、精力的に あまり何も考えずに動くことができたし
何もしなかったよりは ジロ吉にとってもよかったと思っています



3歳になって ジロ吉はやはりジロ吉で 自閉的な部分もそのままジロ吉なんだなと思えてきました

たぶん このままジロ吉の成長が 定型発達の子たちの辺りまで追いつくことはないんだろうなということも
もう十分に確信することもできました




診断を受けたときに聞いた「ジロ吉なりの成長」という言葉

最初はあまり耳に入りませんでした
「ジロ吉 なりに」って、もしかして 一生差は縮まらないで 広がっていくだけなのと不安になりました




でも、今はよくわかります。

本当に 「ジロ吉なりに」 成長しているんです。



順調に発達をしてきている子たちとは どんどん差がついていたとしても
1年後のジロ吉は、1年前よりも成長しているんだな~と 改めて思いました当たり前すぎて、すみません。


一応 意味のある言葉も言えるようになったし、道路では手もつなげるようになったし・・・・
今まではまったく見当もつかなかった 「1年後のジロ吉」に対しても 大体の目安はついてきました





こういうのも、実際やってみたから気づくことができたのであって 聞いた最初から「ジロ吉なりにね~」と思えてたらいいんですが
私には必要な経験でした

ある意味、やるだけやった(あんまりできてないけど)ので もうしょうがないなというかんじです



これまでの小さい出来事、ひとつひとつ  今まで考えたことも 全部ひっくるめて
毎日 気分も浮き沈み(表裏一体です)しながら なんとなく落とし所を見つけたというようなかんじでしょうか





やっと 障害児の親としての スタートラインに立つことができたのかなって思います。


でも、今の状態もまた 1年後に振り返ってみれば「まだまだ受容できてないね~」みたいなかんじでしょうし
それを繰り返していくことによって だんだんと本当の意味で「ジロ吉を受け入れる」ことができるのかもしれません




もちろん、今やっている療育は続けていくつもりです


1年後のジロ吉、どんな成長を見せてくれるのでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: ほんとですね

ゆうさん>
ありがとうございます。
そうなんです、「息子君なり」っていう言葉、言われたときはあんまり意味が理解できないんですよね。
将来のこと考えると心配になりすぎるし、どうなっちゃうの?って・・・。
今でも将来は心配ではありますが。
お互いがんばりましょうねe-343

ほんとですね

私も同じことを言われました(^-^)
三歳になってすぐに自閉傾向と言われ息子君なりの成長をしていきますよと言われあまり意味が理解できなかった私も四歳が目前の息子ははっきりと自閉症なのだとわかるようになりました特徴がはっきりしてきたこともありますが確実に成長してるところもたくさんあります
健常者の子供さんとお母さんの会話を聞いて凹むこともありますが息子の笑顔を見ると今の息子だからかわいいんだよねと思ったりします
息子の笑顔を守るため頑張って前に進んで行きたいです(^-^)
じろ吉君とお母さん応援しています

Re: 成長

関さん>
ありがとうございます。
自己刺激が減ったり理解が出来るようになるのはすごくうれしいですね。

まだ、たまに子どもと同じ年ごろの子を見て「全然違うな~」とか思ったりしますけどe-330
今はそれ以外の大変さ(多動や公共の場での奇声など)がすごいので、
そういうのが落ち着いてくれる日が来ればいいなと思います。

成長

また、拝見させて頂きました。
自閉症は、成長が遅いので、健常児との差が、大きくなりますが、必ず成長します。
家の長男は話せないが、自己刺激が減り、いろいろと理解出来る様になってきています。
身近に居る、おかあさんとしては、大変だと思いますが。

Re: タイトルなし

たまごんさん>
>将来を考える事で、不安と入り混じった何かがあって、いつも「どうにかしなきゃ!」って、焦ってました。
すごくわかります。
私も、今でもなんですが 基本的に気持ちが焦ってるし、だいたい落ち込んでます。
楽しいときに笑ったりもするけど、すぐに現実に引き戻されるというか・・・。

いつも自分がいなくなった後のことを考えて、あれこれ悪いふうに想像して悲しくなってます。

若者の話、考えさせられますね。
みんなそれぞれ悩みも辛いことも不安もあって、それを他の人が「なによ、そのくらい!」とは言えないんですよね。
その人にとっては どうしようもなく辛くてどうにもできないことだったりして。
ジロ吉の立場だって、それこそ飢えて苦しんでいる子どもたちのことを考えたらどれだけ恵まれているか。
かといって、だから手放しで幸せと思えるかといえば そうもいかなかったりするわけで・・・。

あ、でも私は自分が不幸だとは思ってないんですよね。
ひとから見たら、不幸に見えるかもしれませんが、実際に自分の身にふりかかると意外といけるというか
幸せも十分に感じることができてます。
上にはだいたい落ち込んでると書いているのに、なんででしょう?
全体的に言うと、今は幸せの部類に入っているんです。
不思議ですよね~。

桃太郎、褒めていただいてうれしいです♪
ありがとうございます。

私もね、ずっと受容できずにいましたよ。
明らかに、それを拒んでいる自分がいました。
それと、将来を考える事で、不安と入り混じった何かがあって、いつも「どうにかしなきゃ!」って、焦ってました。
他人に息子の事を説明するのに、どうしても涙無しでは、話せませんでした。聞いてるほうも、そうなると、辛いですよね。
でも、段々とそれも無くなってきましたね。
息子なりに、良くなってきてるんですよね。でも、健常児との差は、やっぱり大きいです。それを受け入れないといけないんですよね。

自閉症の子の未来って、考えると不安だらけですよね。でも、考えてみたら、健常児にも不安はあるんですよね。

息子がまだジロ吉君くらいだった頃、いっしょに雑木林を散歩してて、ある若者(多分、15歳くらい)の子がロープを持って、その道を歩いているのを見ました。
その子は、息子と私にニッコリ微笑んで、また歩いていきました。ガッチリした体格で、スポーツマンで、とてもハンサムでした。
その一週間くらい後に、その雑木林で首を吊ってたのが見つかりました。
何にも問題なさそうなのに、そうやって、命を絶ってしまうんですからね。
皆、そうですよ。将来の事って、私達と同じくらいに分からなくて、不安なのかもしれないですよね。
すいません。暗い話で。

桃太郎の写真、むちゃくちゃ、かわいいです。
プロフィール

モッチリーニ

Author:モッチリーニ
知的障害を伴う自閉症の息子、ジロ吉の母です。
ABA(応用行動分析)を中心に、これがよさそうかな?と思うことをやってみたり集団療育に行ったりと、いろいろとやってみています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
リンク
ランキング☆
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR